Windows Server 2019 インストール手順

OS
スポンサーリンク

本手順では、仮想環境にWindows Server 2019の評価版をインストールする手順について記載します。
Windows Server 2019については、Windows Server 2016と同様にWindows 10ベースのOSとなるため、インストール手順については、ほぼ変わりません。

環境前提

インストールを行う環境については、VMware ESXiを使用しています。

  • ESXi Version : VMware ESXi 6.5.0
  • VMware Version : 13
  • vCPU : 2vCPU
  • Mem : 4GB
  • Disk : 60GB (Thin Disk)
  • NIC : VMXNET3
  • SCSI Contoller : LSI Logic SAS

インストールメディアの準備

本記事では、Windows Server 2019の検証目的としてMicrosoft Evalution CenterよりWindows Server 2019のISOイメージをダウンロードします。
Microsoft Evalution Center

上記URLより、評価のファイルタイプを[ISO]を選択し、必要事項を記入してISOファイルをダウンロードします。
Windows Server 2019 Eval
今回は、ESXiへのインストールのためISOファイルをESXiのデータストアに入れ、仮想マシンを作成し、起動します。
検証用途のため、仮想マシンサイズは必要最低限としています。

Windows Server 2019 インストール

ISOファイルのダウンロード及び仮想マシンの設定が完了したため、ISOまたは
物理ディスクを設定したマシンを起動しDVDからブートさせます。

インストールする言語 : 日本語(日本)
時刻と通貨の形式 : 日本語(日本)
キーボードまたは入力方式 : Microsoft IME
キーボードの種類 : 日本語キーボード(106/109キーボード)
を選択します。


[今すぐインストール]を選択します。


本記事では、Windows Server 2019のデスクトップを使用するため、[Windows Server 2019 Datacenter Evalution(デスクトップエクスペリエンス)]を選択します。
必要に応じて、Windows Server のエディション・GUI/CLIを選択してください。


適用されるライセンス条項に同意できる場合は、[同意します]にチェックを入れ、[次へ]を選択します。


[インストールの種類を選んでください]より、[カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)]を選択します。


インストールの場所を指定し、[次へ]を選択します。
※機器や、仮想マシンの設定により、ドライバが必要な場合があります。


インストール完了後、Windowsが再起動されます。


再起動完了後、Administratorのパスワード設定を求められるため、[パスワード]を入力し、[次へ]を選択します。


Windowsのロック画面から、パスワード入力し、サーバーマネージャーが起動したら、Windows Server 2019のインストールは完了です。

タイトルとURLをコピーしました