Windows Server 2022 インストール手順

OS
スポンサーリンク

今回は、Windows Server 2020をHyper-V上にインストールします。

前提条件

Windows Server 2022をインストールする環境は以下の通りです。

  • OS : Windows Server 2022 DC
  • CPU : 4vCPU
  • MEM : 4GB
  • DISK : 127GB

Windows Server 2022の最小要件は以下の通りなので、その要件を満たすように仮想マシンは構成します。

  • 1.4GHz 64bitプロセッサ
  • 512MB RAM (デスクトップエクスペリエンス使用の場合は2GB)
  • 32GB DISK (最小要件のため、感覚的に60GB程度のディスクを作成したほうが無難)

また、仮想マシン上にOSをインストールする場合は、OSインストール時に一時的にメモリを800MB以上のメモリを割り当てる必要があるようです。
詳しくは以下のリンクから確認してください。
Windows Server のハードウェア要件

Windows Server 2022ダウンロード

今回は、Windows Server 2022の検証目的のため、Microsoft Evalution CenterよりWindows Server 2022のisoファイルをダウンロードします。
Microsoft Evalution Center Windows Server 2022

Windows Server 2022インストール

Windows Server 2022のisoファイルをダウンロードしたら、Hyper-V上に仮想マシンを作成します。
本手順では、Hyper-Vでの仮想マシンの作成手順は割愛します。
Hyper-Vで作成する際には、仮想マシンのバージョンを1にして仮想マシンを作成しています。


[Micorosoftサーバオペレーティングシステムのセットアップ]より、以下の設定を行い、[次へ]を選択します。

  • インストールする言語 : 日本語(日本)
  • 時刻と通貨の形式 : 日本語(日本)
  • キーボードまたは入力方式 : Microsoft IME
  • キーボードの種類 : 日本語キーボード(106/109キー)

言語とキーボード設定が完了したら、[今すぐインストール]を選択します。

[インストールするオペレーティングシステムを選んでください]より、インストールするOSを選択し、[次へ]を押下します。
今回は、インストールの検証のため、[Windows Server 2022 Datacenter Evalution(デスクトップエクスペリエンス)]を選択します。
この項目については、必要に応じて変更してください。
また、デスクトップエクスペリエンスと項目があるものについては、GUIがデフォルトでインストールされます。

[適用される通知とライセンス条項]より、ライセンス条項に同意できる場合は、[Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。]のチェックボックスにチェックを入れ、[次へ]を選択します。

今回は、空のディスクにOSを新規インストールするため、[インストールの種類を選んでください]より、[カスタム]を選択します。

[オペレーティングシステムをインストールする場所を指定してください。]より、Hyper-Vで割り当てた空のディスクを選択し、[次へ]を押下します。

インストールするディスクが選択されると、OSのインストールが開始されます。
インストールが完了するまで2回再起動が発生します。

OSのインストールが終わると、[設定のカスタマイズ]が表示され、ビルドインAdministratorのパスワードを設定し、完了を選択します。

Administratorのパスワード設定後、Windowsのロック画面が表示されるため、[CTRL + Alt +Del]を押下し、ログインします。

OSへのログインが完了すると、サーバマネージャーが起動してくるので、以上の手順でOSのインストールは完了です。

Windows Server 2022のビルドバージョン

ここからは余談ですが、インストールしたOSのコマンドプロンプトより、[winver]とコマンドを実行すると、OSのバージョンとビルドバージョンが表示できます。

Windows Server 2022は、Windows10の21H2をベースに作られているので、UIも同じようなものになっています。

まとめ

今回は、Hyper-V上にWindows Server 2022をインストールしました。
最近のWindowsはUIが大幅に変わることが少ないので、Windows Server 2016や2019から移行した場合でもUIが似通っているため、運用の負荷もあまり変わらずに移行できるのではないでしょうか。

今後は、このWindows Server 2022でADの検証等もやっていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました