VMware Workstation 15 Proインストール手順

VMware
スポンサーリンク

本手順では、Windows10 (2004)にVMware Workstationをインストールする手順を記載します。

前提条件

インストールを行う環境は以下の通りです。

  • ホストOS : Windows10 Pro (2004)
  • CPU : Intel Core i5-4590 (4C4T)
  • Mem : 24GB
  • Disk : 256GB(SSD)
  • NIC : Realtek PCIe GBE

インストールメディアの準備

本環境は、VMware UserGroup Advantageによる評価版のため、VMUGよりダウンロードしました。
通常のダウンロードについては、以下のVMwareページよりダウンロードを行ってください。
本環境で使用しているインストーラのバージョンは 15.5.5 – 16285975 となります。

VMware Workstationのインストール

ダウンロードした実行ファイルを実行します。

VMware Workstation Proセットアップウィザードが立ち上がるため、[次へ]を選択します。

[使用許諾契約書]が表示されるため、同意できる場合は[使用許諾契約書に同意します]にチェックを入れ、[次へ]を選択します。


インストール先を設定し、追加の機能として[拡張キーボードドライバ]にチェックを入れ、[次へ]を選択します。
本環境では、デフォルトのインストール先を選択し、拡張キーボードドライバをインストールする設定を行なっております。なお、拡張キーボードドライバをインストールするには、再起動が必要となります。


ユーザエクスペリエンスの設定を以下の通り設定します。

  • 起動時に製品の更新を確認する : □
  • VMware カスタマーエクスペリエンス向上プログラムに参加します : □

起動時に製品の更新確認については、起動時の負荷軽減のためオフに設定しております。
VMware CEIPについては、検証目的のためオフに設定しております。また、CEIPの可不可につきましては個人を特定できない形でVMware側に情報が流れるため、任意で設定してください。

[ショートカット]では、任意の設定を行います。
本環境では、[スタートメニューのプログラムフォルダ]のみ設定しております。

インストールの準備が完了したため、[インストール]を選択し、インストールを実行します。

インストールが完了したら、[ライセンス]を選択し、適切なライセンスコードを入力します。

ライセンス認証の完了後、[完了]を選択し、インストーラを終了します。

前項で、[拡張キーボードドライバ]のインストールを行った場合、再起動を求められるため、任意のタイミングで再起動を行います。

スタートアップの無効化

VMware Workstationのインストール後、Windowsスタートアップに[VMware Tray Process]が登録されるため、必要に応じて無効化または、削除します。
本環境では、スタートアップを直接削除する方式はVMware Workstationの動作に与える影響の確認が行えていないため、[タスクマネージャー]-[スタートアップ]-[VMware Tray Process]の無効化を実施しました。

ネットワークアダプタの設定

VMware Workstationのインストール後、[仮想ネットワークエディタ]を起動します。
デフォルトで、以下のアダプタが作成されています。

  • VMnet0 : ブリッジ接続。ホストのNICをHUBとして利用する接続方式です。(一般的にはこの接続方式が多い。)
  • VMnet1 : ホストオンリー接続。ホストの内部のみのNWを構成する接続方式です。
  • VMnet8 : NAT接続。ホストのNICをGWとして利用する接続方式です。

現時点では、NAT接続やホストオンリー等は使用しないため、VMnet0以外を削除しておきます。

以上で、VMware Workstation 15のインストール手順は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました